どんなものを作っているのか

グローバルな発展を進める新亜光学工業の魅力とは

光学レンズは多岐に渡って需要がある

デジタルカメラやスマートフォン内蔵のカメラなど、近年のカメラレンズはコンパクトでありながら、より精度の高いものが求められるようになりました。ここ数年だけでも、その性能は大幅に進歩していると言えるでしょう。身近なスマホのカメラを取ってみても、その違いを実感することが出来ます。こうしたカメラの品質を支えるのが光学レンズです。

光学レンズとは、光の屈折の比率や分散率などを考慮された光学によって組み合わされたレンズです。

光学レンズは、このほか望遠鏡のような遠くのものを見る望遠レンズだけでなく、幅広い目線を持つことが出来る魚眼レンズなど、様々なものに使用されるなど、多岐に渡り高い需要が求められています。

そんな高い需要率のある光学レンズは、数ミリの違いがあってはならないほど精密なものであるため、その製造には高い能力が求められる部門です。新亜光学工業株式会社は、この部門において競合する多くの企業よりも優れた技術力を持つ企業として、国内のみならず海外からも高い評価を得ています。

グローバルな視点で事業展開を進める

新亜光学工業株式会社は、高い技術力が求められる光学レンズの部門において、競合他社よりも優れた能力を有し、注目される企業です。しかし、この企業が注目されるのは、こうした現在の能力に頼っているだけではないというところにあります。

新亜光学工業株式会社は、光学レンズ部門を含め、様々な部門においての特許を取得しています。それは、自分たちの技術に誇りを持っているという証でもあります。さらに言えば、その多くの特許が、海外との取引に大きな有益となっています。

とくに中国などでは、経済発展が進む中、こちらの企業の特許技術が大変活用され、大きな発展に貢献している現状にあります。つまり新亜光学工業株式会社は、日本国内の経済事情に影響されず、今後、中国を含めた海外での需要を伸ばし、発展する可能性が高い環境にあると言えるのです。今後、どのような成長を遂げていくのか、ますます注目が集まる企業の1つでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ