どんなものを作っているのか

細かい部品をたくさん作っている

カメラの材料になる部品

レンズや鏡筒は、カメラを作る時に欠かせない素材です。
新亜光学工業はそれらを生産して、販売しています。
デジタルカメラや、もっと本格的な一眼レフカメラを持っている人がいるでしょう。
どんなカメラでも、レンズは必要です。
身近なものでいえば、スマートフォンにもカメラの機能が備わっています。

ですから多くの人が、新亜光学工業のお世話になっているかもしれません。
綺麗な写真を気軽に撮影できるのは、新亜光学工業の開発した高性能なレンズや鏡筒のおかげだと言えます。
ここまでカメラを作る素材の性能が良くないと、綺麗な写真を撮影することはできません。
みんなにより良い写真を撮影してもらいたいと、新亜光学工業は願って製品開発をしています。

もっと良い製品を作れないか研究

ずっと同じ製品を生産していても、利益を増やすことはできません。
たくさんの人に喜ばれる製品を作ることが、経営状態を向上させます。
ですから新亜光学工業では、常に新しい部品を研究しています。
これまでの製品でも、十分性能の良いカメラを作ることはできます。
ですが現状では、満足していません。

もっと売り上げを伸ばすために、社員みんなが改良できないか考えています。
その向上心が、新亜光学工業の売り上げが年々高まっている理由でしょう。
常に良いものを生産できないか考えているので、生産する技術も高まっています。
ですからカメラを製造している企業が満足するような、クオリティーの高いカメラや鏡筒をたくさん製造できています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ